ESP-WROOM-02

IMG_20150921_214507

ESP-WROOM-02+マイクロテクニカのブレッドボード基盤です。

まず、接続部分。

FTDIの3.3Vケーブルからの、5Vをレギュレータで、3.3Vに変換してボードに入れてます。

あと、RESETはスイッチにしました。

GPIO 0,2,15があって、このピンの組み合わせでUART書き込みモードか、Flash動作モードに

なるかを変更します。

UART Download Mode

GPIO0  L

GPIO2 H

GPIO15 L

 

Flash Boot Mode

GPIO0  H

GPIO2 H

GPIO15 L

 

http://akizukidenshi.com/download/ds/espressifsystems/0C-ESP8266__WROOM_WiFi_Module_Datasheet__EN_v0.3.pdf

流れとしてはプログラムを変更したらGPIO0をLにして書き込んから、

GPIO0をHをにしてフラッシュブートします。

 

で、ソフトもArduino資産が使えるのがいいです。

環境はArduino 1.6.5でやりました。

BoardManagerから「esp8266」を検索窓にいれて、該当モジュールをinstallします。

スクリーンショット 2015-09-21 午後10.04.46

メニューからボード選択ができるようになり、設定そのままでボードにロードします。

このときはUART書き込みモードにします。

で、書き込み終了したら、Flash Bootモードにして、起動します。

 

ブレッドボードでは、書き込み時にピンを差し替えてH/L切り替えしていたんですが

書き込みSWあったほうがいいなって思って、勢いで作りました。

2mmピッチの部分ってなんとかなんないんかな。

IMG_20150922_002302

 

 

Leave a Comment.