マテリアルを作成し、可変したい部分をパラメーターにする。

キャプチャ

 

右クリックで、マテリアルインスタンスを作りParentを設定する。

マテリアルインスタンスは、マテリアルの抽象クラスというイメージか。

 

変更するパラメータ部分にチェックする。

ここではtexture(TextureSmapleParameter2D)と、brightness(Constraint)。

キャプチャ

 

Shapeオブジェクトの初期化時、dynamic materialを作成し、変数に設定。

source materialは、マテリアルインスタンスのほう。

 

dynamic_material1

 

動的にマテリアルを変更

キャプチャ

 

変更するのが値の場合は、set scalar parameter value。

textureの場合は、SetTextureParameterValue

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です