ツール

photoshop/Inkscape SVG作成し、パスに変換

jscut Gコード生成

http://jscut.org/jscut.html

grbl controller 切削加工

https://github.com/grbl/grbl

手順

・photoshopで、切削SVGを作成。

・Inkscapeで、SVGを開きパス>オブジェクトをパスへ

・jscutで、Gコード作成。

Material

Unit mm

Tickness  材料の厚み

ZOrigin   TOP 材料の上部分がZの加工原点0

Clearance  加工前、終了後のエンドミルの高さ。(ぶつからないように10mmくらい)

 

Operations

px per inch 96

Inside 内側切削 Deep 切削の深さの設定。

しっかり穴開けたいのでは材料の厚み+ちょっと。

Outside 外側切削

 

Tabs 切り落とさないで残したい部分のタブ

Units mm/inch

Max Cut Depth

 

Tools(shared for alloperations)

Units mm/inch

Diameter   ドリルの直径1mm

Angle Vドリルとかだと角度決められるみたい。

PassDepth 一パスで掘る深さ 0.5mm

Step Over 

rapid 加工してないときのドリルが移動する速度

Plunge 掘り下げるときの切り込み速度。ゆっくり目で。

Cut 加工速度。材料と、スピンドルの回転数できめる。

 

FOREX E-7001 低発泡塩ビ板 やわらかい Cut:400 回転数:100

タカチ PF15-5-15 ネットワークケース ABS かたい Cut:200  回転数:100

 

Gcode Conversion

Gcode Units mm/inch

zero lowerleftをクリック。(開始位置が左下に来る)

Return to 0,0 at endにチェックする。(切削終了時、開始位置にミルを戻す)

 

Simulate Godeで、シミュレーションできますし、時間もわかります。

 

参考サイト

https://cnc-selfbuild.blogspot.com/p/inkscapejscutbcnc.html

 

Grblcontrol

これで切削加工を行う。

・OpenでGcodeファイルを選択。

・加工の初期位置に移動する。

Spindle

stepはスピンドルが一度に動く距離

xyの上下ボタンでスピンドルの位置を動かして、x、y開始位置を決める。

決まったら、x、yの位置をリセットする。Work Coordinateが0

zの上下ボタンでスピンドルの位置を動かして、z開始位置を決める。

材料の上面ぎりぎりまで降ろして、リセットする。Work Coordinateが0

 

・スピンドルを回す。

・Startボタンをクリック。

・緊急で止めたいときはリセットボタン。

 止めたときは、ロック解除する。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です