SQLite database disk image is malformed

error : database disk image is malformed

sqlite> PRAGMA integrity_check;    
Error: database disk image is malformed

sqlite> .mode insert
sqlite> .output dump.sql
sqlite> .dump
sqlite> (CTRL + D)  

sqlite3 new.db
sqlite> .read dump.sql     
sqlite> .schema              
sqlite> (CTRL + D)  

If new.db size is 0,
dump.sql 
ROLLBACK; to COMMIT;

and retry  “.read dump.sql”

大きい7SEGボード

大きい7SEG(5 インチ)ボードを製作しました。

 

使用したのは、共立エレショップの5 inchの7segです。

http://eleshop.jp/shop/g/gDB6416/

 

I2C接続に対応し、他のボードへリンクできるので

少ない配線(4線)で最大12個の7SEGボードへ接続することができます。

 

LED用に、15VのACアダプタが必要です。

体育館スポーツ用タイマーとして作りました。

 

IMG-0045

SensorNetwork

bool RH_RF95::send(const uint8_t* data, uint8_t len)
{
if (len > RH_RF95_MAX_MESSAGE_LEN)
return false;

waitPacketSent(); // Make sure we dont interrupt an outgoing message
setModeIdle();

// Position at the beginning of the FIFO
spiWrite(RH_RF95_REG_0D_FIFO_ADDR_PTR, 0);
// The headers
spiWrite(RH_RF95_REG_00_FIFO, _txHeaderTo);
spiWrite(RH_RF95_REG_00_FIFO, _txHeaderFrom);
spiWrite(RH_RF95_REG_00_FIFO, _txHeaderId);
spiWrite(RH_RF95_REG_00_FIFO, _txHeaderFlags);
// The message data
spiBurstWrite(RH_RF95_REG_00_FIFO, data, len);
spiWrite(RH_RF95_REG_22_PAYLOAD_LENGTH, len + RH_RF95_HEADER_LEN);

setModeTx(); // Start the transmitter
// when Tx is done, interruptHandler will fire and radio mode will return to STANDBY
return true;
}

 

 

 

LORA/GPS HAT

http://wiki.dragino.com/index.php?title=Lora/GPS_HAT

[i2C library]

sudo apt-get install python-smbus
sudo apt-get install i2c-tools
sudo apt-get install libi2c-dev
sudo pip3 install wiringpi

[WireingPi]
$ git clone git://git.drogon.net/wiringPi
$ cd wiringPi
$ ./build

[ RPi Lora-GPS HAT]
git clone https://github.com/dragino/rpi-lora-tranceiver.git
cd rpi-lora-tranceiver/
cd dragino_lora_app
make

 

sht1x 温湿度計

https://github.com/sparkfun/SHT15_Breakout

 

BMU680

https://github.com/BoschSensortec/BME680_driver

https://cdn-shop.adafruit.com/product-files/2652/2652.pdf

 

VDD,VDDIO, CSB,SDOを3.3Vに接続 (IDが0x77)

 

 

 

 

 

土壌水分計の原理は?

代表的なのは、テンシオメーター法、TDR法、ADR法という方法です。それぞれについて簡単に紹介します。

テンシオメーター法

ポーラスカップと呼ばれる素焼きのカップを土の中に埋めて測る方法です。カップの中に水が入っていて、その水がどれだけ外に滲み出る力(外から吸引される力が)が強いかを圧力センサーで測ります。土が乾燥していると水が外の土から吸引される力が強く、湿っていると吸引力は弱くなります。定期的に水の補給が必要になります。

TDR法

TDR法では、金属棒の先に取り付けたセンサーを地中に埋めて測ります。土の誘電率は土に含まれる水分の量にほぼ比例することを利用して、誘電率をもとに土壌水分を計測する方法です。電磁波が電極棒を往復する時間から誘電率を求めます。TDR法は温度の影響を受けやすいと言われています。

ADR法

ADR法も、誘電率から水分の量を測る方法で、TDR法と同じように金属棒の先に取り付けたセンサーを地中に埋めて測ります。誘電率を測る方法が少し違い、温度の影響を受けにくいと言われています。

 

https://maker.pro/arduino/projects/diy-solar-battery-charger

 

ソーラーダイオード

http://home.solar-make.com/?eid=219

 

ミニローラ

https://things4u.github.io/HardwareGuide/Arduino/Mini-Sensor-HTU21/mini-lora.html

 

 

第27回 Arduinoでパーツやセンサーを使ってみよう~ソーラーパネルでArduinoを動かしてみる(後編)

【Arduino】MKR1300

IMG_2597 IMG_2601 IMG_2599

Arduino MKR1300

https://www.arduino.cc/en/Guide/MKRWAN1300

https://store.arduino.cc/usa/mkr-wan-1300

 

$39

Coretex-M0

Lora 433/868/915 MHz

3.3V

Serial  usb micro-B connector

Serial1   pin 13(RX), 14(TX)

Please note: for best result, do not attach the antenna to a metallic surface like car chassis, etc.

 

 

【iOS】Realm build

Xcodeをバージョンアップしたときに、Realmのビルドしたバージョンとの違いが問題になる。
Module compiled with Swift 4.0 cannot be imported in Swift 4.0.3:


git clone https://github.com/realm/realm-cocoa
git submodule update --init --recursive
build.sh build

7SEG BOARD Mega V 1.0

7seg board mega.

 

IMG_2290 IMG_2292

 

v.1.0 修正箇所

・ボードの大きさを7SEGよりちょっと小さめに

・7segは、ボード直付けでなくメスソケット半田付けにする(取り外し可で、ボードネジ止め可能)

・I2C 4pinオスソケット

・電源2ピンオスソケット

・トランジスタのサイズ確認

・7segのサイズ確認。ピンずれ

PCB

 

DesignSpark PCBクイックスタート

https://designspark.zendesk.com/hc/ja/articles/212966269-DesignSpark-PCB-%E3%82%AF%E3%82%A4%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%891-%E5%9F%BA%E6%9C%AC%E6%93%8D%E4%BD%9C%E7%B7%A8-

 

how to create my own component.

https://designspark.zendesk.com/hc/en-us/articles/115003968769-How-do-I-create-my-own-components-

 

Fusion PCB

https://fusionpcb.jp/

【Python】AES暗号化

from Crypto.Cipher import AES
import binascii

#print(binascii.hexlify(uuid.uuid4().bytes))

secret_key = ‘abcdefghijklmnop’
message = ‘1234567890abcdef’

crypto = AES.new(secret_key)

cipher_data = crypto.encrypt(message)

print(binascii.hexlify(bytearray(cipher_data)))

original_message = crypto.decrypt(cipher_data)
print(original_message)